五段重 八寸 「菊の雪」

0

八寸の五段重で、共箱は50センチに近い超大型です。松葉の菊模様、檜葉と卵殻の「菊の雪」という変り塗です。全体の雰囲気に青漆がとても効いています。二方桟も変り塗が施されています。

当時はこのような大型の重箱も利用される頻度が高かったのでしょうね。あまりに大きいので収納に難儀しています。製作年の書付はありませんが、明治中期の作ではないかと思っています。

Default