明治中期 七寸五段重 「牡丹雪」

0

七寸の五段重です。丸く卵殻を撒いて金を放射状に配しています。「牡丹雪」と命名しています。他では見たことのない変り塗です。赤あげで仕上げていますが、大変に美しい変り塗となっています。花火のスターマインのようですね。明治中期の製作と思います。木口まできっちり変り塗を施しており、やはり手間は相当掛かっています。

Default