江戸期 文箱 松葉模様

0

江戸後期の作と思われる文箱です。松葉を敷きつめ青、赤、黄漆で色付けしたものですが、変り塗の名称は分かりません。
底も焼けていますが木地の狂いはなく、塗りもしっかり残っています。金具や紐の状態からも相当古いものではないかと考えています。地味ではありますが、大変良い模様だと思います。

Default