明治後期 六寸 四段重 「網代木」

0

六寸の四段重で共箱が付いています。製作年の書付などはありませんが、明治後期の作品と思われます。松葉だけを散らして模様付けをした「網代木(あじろぎ)」という変り塗です。優に100年以上経過しているはずですが、まるで塗り立てのように綺麗な状態です。二方桟の欠けなどもなく、木地の狂いもありません。修理なしに普通に使える状態なので何度が我が家で食材を盛りました。特に六寸サイズは二段だけ使うと弁当に最適です。
画像6枚目、朱漆の部分ですが、江戸期のものより油分が多くなっており、ピカピカした強い輝き方になっています。古いものはマットな感じになるようです。

Default