1988-1989年製作 アンラインドローファー ハーロウ 黒

0

1988-1989年頃製作のアンラインドローファー、ハーロウHARROWです。黒のインソックにMade byのロゴ、アンラインドの部分も黒く着色されています。ラストはこのローファー専用の61です。軽く履きやすく、黒カーフも柔らかく質の高いものが使われています。アウトソールの刻印は大き目(刻印浅め)のMADE IN ENGLANDです。

このローファーに関しては、ウィキペディアに以下のような解説があります。

The Wildsmith Loafer
In 1926 Matthew and Rebecca Wildsmith's grandson, Raymond Lewis Wildsmith, made a bespoke country house shoe for King George V, to be worn inside with his shooting hose. From there, the design was evolved to be a casual style for outdoor wear which was then included in their ready to wear collection. The shoe was first called the 582, then the Model 98 until finally becoming known as "The Wildsmith Loafer". This was London's first introduction to the English loafer, a version of the generic slip-on shoe. The style continues to be sold to this day as the Windsor Loafer.

画像8枚目のお二人がマシューさんとレベッカさんです。孫のレイモンドさんがこのローファーをジョージ五世に作ったのが始まりとのことです。

履いていることを忘れるほどの靴なのですが、残念ながら画像からはそのことが伝わりません。

Default