1988-1989年頃製作 ポールセンスコーン別注 ローファー CHELTENHAM

0

1988-1989年頃製作のポールセン・スコーン別注のローファーです。アッパーは「レッドウッド・アンティーク」と言われる紫がかった赤茶です。アンティークフィニッシュ時に微量の黒のクリームを使っているようです。ソールは大き目のブロック体です。
このローファーのみに見られる特徴がいくつかあります。まずラストがドーバーでお馴染みの32であること。私はエドワードグリーン製のローファーで32ラストのものはこの靴の他に一足も知りません。32ラストはよく知られていることですが、かなり細身のラストです。サドルの上には個性的なメダリオンが打たれ、爪先のキャップも革が当てられている訳でなく、一枚の革を整形してパンチングを打っています(画像5)。ただホールカットではなく、内側のストラップ下(画像4)とヒール後方(画像6)に革のつなぎ目があり、全部で2パーツで出来た靴になります。ヒールカップも小さ目で、ローファーなのに足全体がしっかり包まれた感じが強い靴です。
この靴はポールセン・スコーンのオリジナルデザインのようで、このブランドネーム以外の同型の靴を見たことがありません。1990-1991年頃、インターナショナル・ビームスで売っていました。色はこのレッドウッド・アンティークとネイビーの二色展開ですが、カーフの質が素晴らしいので黒革のこの靴があれば最高に美しいだろうなと思われます。

ということで「黒の靴だったら」ということで白黒の画像を作ってみました。本当にきれいなローファーで、他の靴ブランドではまず見られない優雅さです。

Default