1980年代製作 RANCH OXHIDE製 ウェストバリー

0

1980年代後半製作の黒のランチオックスハイドRANCH OXHIDE製のシングルモンク、ウェストバリーです。ラストはチャーチを代表する73です。インソックにはロンドン、ニューヨーク、パリの三都市のスタンプが押されています。「ランチオックスハイド」とは字の如く「雄牛の皮」」ということで、成牛の厚めの皮であり独特のシボが見られます。雨に強い革なので雨天に履くことが多くそれなりに草臥れていますが、アッパーの質感は未だに健在です。

Default
  • File

    mat2193

    2022/6/24 - 編集済み

    73のバランス良いノーズとランチオックスハイドの相性が良いことに驚きました。それにしてもウェストバリーって他ブランドのシングルモンクとなぜかかなり印象違いますね。

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/6/24

      コメントありがとうございます。
      ウェストバリーの一番の特徴は「バックルがとても大きい」ということです。恐らく数ある靴ブランドのなかで最も大きいです。これがこの靴の個性を決定づけていると言っても良いと私は思います。私はこの大きなバックルが好きなのでこの靴を履くことが多いのですが、黒のウェストバリーやキャノンは、バックルが金、黒二種類があってどちらがいいのか迷いますよね。

      返信する
    • File

      mat2193

      2022/6/24

      まさしくそうですね!

      返信する