1973年製 ミリタリーブーツ

0

黒のカーフで出来たミリタリーブーツです。やや厚めですが、張りのある見事なカーフを使っています。控え目のラウンドトゥで、ソールはシングルです。あまりコバも張っていません。赤いライニングが強烈で、この上にエドワードグリーンのネームスタンプが見られます。製造年が正確にわかる靴は少ないのですが、この赤いライニング部分に1973年に製作されたスタンプが付けられています。「カスタムブーツメーカー」と謳っていますね。この時代には珍しく半カラス(ソールの半分を黒く塗ること)になっており、ヒールトップに蹄鉄のような金属が嵌められています。踵部分は下に行くほど細くなるテーパードヒールになっています。

エドワードグリーンはバッキンガム宮殿の衛兵のブーツ製作を担当していましたから、会社としての矜持もあるでしょう。レディメイドではありますが、素晴らしいブーツです。

Default