1981-1982年頃 ロイドジェニングス シングルモンク

0

ロイド・ジェニングス時代のシングルモンクです。フルスティックさんがグリーンを手掛ける直前の時代の靴です。ラストが書かれていないので断定できませんが、201に非常に近い印象です。薄手の良質なカーフが使われています。また、ライニングはフルスティック時代と違い、イタリア靴に近い薄手の光沢のある革が使われています。

ロイド・ジェニングス氏のグリーンの経営は実質2年ほどでした。ですから同社ネームのグリーンの個体数は非常に少ないばずです。短期間ですが、エドワード・グリーンのブランド名が消えていた時代があったことになります。

インソックのロゴを見ると本当にそっくりです。「ロイドフットウェアはロイド・ジェニングスのような靴屋にしたかったのかな」と思われます。

Default