江戸期 酒入

0

とても個性的な変り塗の酒入です。四角の型を角度を変えて散らしています。他では一度も見たことのないかわいらしい変り塗ですが、この時代には塗師屋が個性的な変り塗を競って作っていた可能性があります。
盃と箱書に書かれていますが、中には盃はなく、酒入のみが入っておりました。江戸時代の作品と思われます。

Default