明治中期? 六寸四段重 「都鳥」

0

明治中期の製作と思われる六寸の四段重です。稗と少量の微塵貝を使った「都鳥」という模様です。特に乱暴に扱われた形跡はないのですが、表面の塗りがところどころ剥がれています。作り自体はとても丁寧で、薄い木地の割れや捻りもありません。共箱はありませんでした。

Default