明治中期製作 八寸 五段重 菊の千代

0

明治中期の製作と思われる八寸の五段重です。この頃のお重は一段あたりの高さが高く(8-10㎝ほどあります)、五段になると物凄い高さになります。画像2のように二段と三段に分けて使うのが機能的です(だから蓋が二枚必要)。金箔の上に朱がかった透き漆を基調とし、檜葉と松葉で模様付けしたもので大変美しい色合いです。今の時代の漆と比べると「透明度」において格段の差があります。

Default