日本の別注グリーン

0

本当に久しぶりのアイテムの登録ですが、日本の別注グリーンのインソックです。

●画像1 エイボンハウスのロゴ。最も古くにグリーンに別注を掛けた日本の会社ではないかと思います。エイボンハウスは靴箱もオリジナルのデザインにする凝りようでした。グリーンだけでなく、トリッカーズにも別注を掛けていました。

●画像2 ご存知ロイドフットウェアです。社長の豊田さんは、当初家具屋さんとして開店しましたが、その家具のディスプレイが引き立つように洒落た靴を傍らに飾ろうとして間違って多すぎる注文してしまい、そこから靴屋を始めることになってしまったのは有名なお話です。ロイド・ジェニングスのロゴほぼそのままですが、ロイドジェニングスが2年で無くなったので「笑って許して(和田アキ子)」です。箱や包装などにはお金を掛けない分、他社よりお手頃価格でグリーンを提供していました。

●画像4 ユナイテッドアローズの別注ソブリン。これはグリーンのディフュージョンラインですから、品質はちょっと劣ります。ただロゴも靴箱もオリジナルでかなり力は入っていました。

●画像5 94年頃(旧グリーン最晩年)に別注を掛けていた「ヴォヤージュ・ド・デビュ」。フランス語で「処女航海」を意味しますが、1994年にパリのカプチーノ・ピュエラ社製品を中心に10ブランドを独自ブランドとしてセレクトショップ形態の直営店を全国展開しました。このインソックの「5668」の意味は今も分かりません。

●画像6 ロゴが薄くなっていますが、ABCマート別注のグリーン。インソックはホーキンスネームになっています。ABCマートが当時ホーキンスの代理店をしていたことからこのインソックになったようです。

●画像7 80年代後半に鈴木晴生さんが創業した「メッサーフリッツ」別注。会社名もドイツ風ですが、インソックにもHERGESTELLETとドイツ語で「製造された」という意味の単語がスタンプされています。鈴木さんはVANジャケット、テイジンメンズショップ、エーボンハウス(いずれもお世話になったブランドばかり)などを経てこの会社を創業し、その後シップスのクリエイティブアドバイザーになりました。今は齢80を超えていらっしゃると思いますが、ご覧のとおりの「いけオジ」です。

Default