フランスの別注

0

数は少ないのですが、フランスの別注グリーンもいくつか存在します。

●画像1はオールド・イングランドのロゴです。フレンチクラシックの代表的なブランドで、90年頃には日本にも旗艦店がありました。パリのオールドイングランドには「ドーバー」を始めグリーンの靴が数型置いてあり、店員さんもグリーン製の靴を自慢げに履いていらっしゃいました。画像2は80年代後半のグリーンのカタログですが、英国の三店舗以外には、パリのオールドイングランドとニューヨークのポール・スチュアートのみが掲載されており、エドワードグリーンにとって大切な会社であったことが分かります。

●画像3は1950年、ニースに開店したファッションブランド、「ファッソナブル」の別注です。ここはクラシックな服飾製品で有名で、ケーリー・グラントやトニー・カーチスのタキシードも作っていたそうです。ロロピアーナの生地とコラボ製品も作っていたと言いますから、品質にはうるさい店だったのでしょう。1988年にアメリカの百貨店ノルドストロムと提携していますが、ノルドストロムが古くからグリーンに別注を掛けていた関係で、ファッソナブルもグリーンに靴を注文したものと思われます。

●画像4はダニエル・クレミュ別注のロゴです。ダニエル・クレミュは日本でも上品なコンサバなライセンス製品が売られていました。

●画像5はEPAULET(エポーレット=軍服の肩章)というブランドの別注。残念ながらどんな会社かは私もよくわかりません。

Default
  • File

    レLEGOの日記

    2024/01/19 - 編集済み

    画像2は何でしょう?
    ぱっと見でブックカバーかと思いましたが、背表紙にあたる部分がないことと、左に見える金具で、違うなぁと思いました。
    商品タグとかでしょうか?

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2024/01/19 - 編集済み

      レLEGOの日記さん
      ご質問ありがとうございます。これは1987年から1990年頃にあったエドワード・グリーンのリーフレットのカバーです。真ん中に折り目があるのがお分かりだと思います。
      なかなかご説明するのが難しいので、後程画像をいくつかアップしますね。

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2024/01/19


      レLEGOの日記さん、
      リーフレットのご紹介をさせて頂きました。
      どうぞご覧ください。

      返信する