ドーバーの修理

0

1990年にロンドンのエドワード・グリーン本店で私が初めて購入した同社の靴です。本店はとても小さな店舗でしたが、様々な靴が並んでいました。当時グリーンの靴はすべて定価が£250でしたが、セール中で半額、しかも「二足買ってくれれば合計で£220にする」と店員さんが言ってくれたので即購入しました。現在は一足20万前後する靴ですので、夢のような時代でした。
20年ほどして爪先の減りが進み、出し縫いの糸も切れてしまったので、友人にきれいに修理して頂きました。ラスト32、購入後32年、今もって素晴らしい輝きを維持している良質なカーフです。

6枚目画像右側が修理後のこの靴です。左は33ラストのポールセンスコーン別注です。

Default