91-92年頃 ユタカーフとのコンビ バークレー

0

92年頃の製作と思われるユタカーフ(?)と黒のカーフのコンビのバークレー。質感の異なる革で靴を作るという挑戦だったのでしょうか。製作意図は不明です。ラストは88です。インソックは共革の筆記体、ソールの刻印も筆記体です。

4枚目は84-85年製作88ラストのバークレー。インソックは細めの四角いMade byのロゴ、ソールは小さなブロック体の刻印です。両者を比べるとかなり印象が違います。

5枚目は90年頃製作のポール・スチュアート別注でラストは202です。

Default
  • File

    mat2193

    2022/06/09 - 編集済み

    ユタカーフはこんな以前からあったものなのですね。最近出てきた素材なのかと思っておりました。

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/06/09

      mat2193さん、コメントありがとうございます。
      私もユタカーフに関してはよく知らないのですが、この格子状の革の靴は1990年頃には存在したようです。それにしてもつま先だけ通常のカーフにするのは何の意味があるのでしょうね。
      旧グリーンは不思議な靴を結構作っているようで、緑のカーフとツイルのコンビなどもありました。

      File
      返信する
    • File

      mat2193

      2022/06/09

      これもまた面白いですね。なぜトゥだけカーフにするのか、本当に不思議です!

      返信する