パロマ(5本入)

0

パンドール、グロリアと太巻の葉巻が定着する中で、初めて販売された国産の小型の葉巻(セニョリタス型シガリロ)である。

「パロマ」という銘柄は戦前に存在したが、本品は専売公社になって再発売されたもので直接の関連はない。スペイン語で「鳩」という意味で、覚えやすく、誰にでも親しまれることを意図して命名された。

【画像1】1967年1月1日~ 200円で発売開始
☆「JAPAN MONOPOLY CORPORATION」名義

 ・1968年5月1日~ 250円へ価格改正

【画像2】1974年1月頃~
☆「JAPAN TABACCO CORPORATION」名義 

【画像3】1975年7月頃 新価格品表示「np」マーク入り

 ・1975年12月18日~ 300円へ価格改正
 ・1980年4月22日~ 330円へ価格改正

【画像4】1980年6月1日~ ☆専売公社社章変更

◎日本たばこ産業株式会社発足
☆「JAPAN TABACCO INC」名義
【画像5】1985年4月1日~

◎新社章「JT」
☆この頃より葉巻類にも警告文面が刷り込まれる。
【画像6】1988年10月~

【画像7】シガーリング

・委託製造先や原材料などの変更が何度なく行われ、現在も「パロマⅡ」の名称で製造・販売が継続されている。

Default
  • パロマは初めて吸った葉巻だと思います

    返信する
    • Tyranosaurus rex

      shirotanino

      2020/9/21

      普通のタバコと変わらない巻の太さで、手にも馴染みやすかったことをよく覚えています。

      返信する