コハク(10本入)

0

昭和恐慌は、タバコの銘柄存続にも大きな影響を与えた。恐慌による購買力の低下と、喫味嗜好の変化が影響して口付タバコと両切タバコの販売高が入れ替わり、明治以来の高級銘柄が相次いで整理・廃止された。それらの代替銘柄として「コハク」と「ホープ」の2製品が発売される。

「コハク」はそれまでの「オリエント・ナイル・アルマ」などトルコ葉高級品の代替として発売された。デザインはそれまでの上記3製品との差別化を図り懸賞により選ばれた。皮革をイメージした暗めの色遣いに、甲丸型の紙蓋が重厚さを添えている。また、トルコ葉タバコの伝統的スタイルである、切り口が楕円形になる「オーバル巻き」仕立てで発売された。吸口には金口とプレーン口の2種が用意されていた。

「コハク」と「ホープ」の2製品は、それぞれ容量50本のもの(缶入)も併せて発売されたが、1940年7月7日施行の「奢侈品等製造販売制限規則」(通称-7.7禁令)の影響を受けて9月15日には製造が中止、10月7日には小売の店頭在庫分は販売中止となった。

1930年11月29日~ 
・40銭で発売開始【画像1-4】
・「コハク」は吸口に金口とプレーン口の2種が用意されたが、その違いによって意匠を変えることはせず、裏面に添え書きがされるにとどめられた【画像5】

1936年11月11日~ 50銭へ価格改正
1938年1月31日~  60銭へ価格改正
1939年11月16日~ 70銭へ価格改正
1940年9月15日製造中止
1940年10月7日販売中止

Default