エコー(20本入)

0

レギュラーサイズの廉価品として「わかば」2年におくれて発売された。当初はデザインを2種用意し、調査結果を踏まえてオレンジ色の現行デザインが採用された。

「わかば」とともに、近年のたばこ税増税による値上げの中で、その安さから銘柄として見直されている。2017年実績では「メビウス(旧マイルドセブン)」に次いで9位を記録していた。2019年10月以降、在庫売りつくしをもって廃止となり、代替銘柄となる「エコー・シガー」が発売されている。

【画像1】1968年8月20日~ 50円で発売開始
☆側面フラップ余白部56㎜

【画像2】1970年秋頃~
☆側面フラップ余白部59㎜

【画像3】1972年7月頃~   
☆「健康に注意」の文言が入る

【画像4】1975年7月頃~   
☆新価格品表示「np」マーク入り 

【画像5】1975年12月18日~ 70円へ価格改正
☆一時的に新価格品表示のためハイライト型封緘紙使用。

【画像6】同
☆新価格品表示シール「np」貼付

・1980年4月22日~ 90円へ価格改正

【画像7】1980年6月1日~ ☆専売公社証票変更

・1983年5月1日~  110円へ価格改正

【画像8】1968年8月20日~ 
☆宮城県・静岡県での試験販売品。売価50円
☆正確な終売時期は不明

◎1985年4月1日 日本たばこ産業株式会社発足、以降も継続販売

Default
  • ゴールデンバット同様にだいぶ若い頃お世話になった銘柄、爺様のお気に入りでしたが如何せん若輩者には苦さが目立つばかりで旨いと思った事はありませんでした。

    返信する
    • Tyranosaurus rex

      shirotanino

      2020/1/28

      コメントありがとうございます。仰る通り世代間でエコーの評価は大きく変わるようです。40年以上前のことですが、わが弟は「癇」が強かったらしく、親類のススメで鍼灸師の往診を依頼していたのですが、その先生がもっぱら「エコー」でした。
      やけに後味が強いのと、フィルターが柔らか過ぎて頼りないという印象で、私もあまり好きな銘柄ではありませんでした。でも調べて見ましたら、発売以来売れ行きが割合コンスタントで、人気銘柄のようです。
      かのセブンスターとは、タバコ葉のブレンドがほぼ同じでフィルターが違うだけらしいのです。

      返信する
  • File

    kinggidoko

    2020/2/28 - 編集済み

    懐かしいです。他界した父親がよく吸ってました。昔は受動喫煙なんてことばもなくて、子供のころ、ずーっと同じ部屋で煙を吸っていました。そのせいか、私は大人になってもたばこを吸おうとも思いませんでした。(笑)

    返信する
    • Tyranosaurus rex

      shirotanino

      2020/3/8

      コメントありがとうございます。たしかに「受動喫煙」なんていう言葉はなく、年末の大掃除なんかでも「随分壁紙が汚れたね~HAHAHA」とのんきなものでした。成人されてから全く吸おうとも思われなかったのは、受動喫煙で十分に楽しまれた(笑)からでしょうか。銘柄にまつわる思い出話は、見知らぬ方との縁を取持ってくれているようで、いいものですね。

      返信する