大和(20本入)

0

『敷島の「大和」心を人問わば朝日に匂う山桜花』専売局発足時の口付4銘柄のうちの1。

「大和」が商品名ではあるが、桜を主とした意匠である。桜を主題とした意匠は民営たばこ時代から好まれていた。

【画像1】1904年6月29日~ 7銭で発売開始
☆「煙艸専売局」名義で「金7銭」の表記

・1907年10月1日~  ☆局名変更「専売局」表記

・1907年12月28日~  9銭へ価格改正

【画像2】1908年1月~
☆裏面に「専売局」と表記される

・1917年12月1日~  11銭へ価格改正

【画像3】1919年8月6日~ 14銭へ価格改正

・1924年3月31日 製造中止

Default