ハッピー(20本入) 郡山博覧会記念の「レプリカ」

0

戦後記念タバコの「最難獲品」として、「福島博覧会」の『ハッピー』とその双璧をなしている。「福島」は単純に刷色が異なるのみで、オレンジ色を地色としているだけで字体その他に変化はない。

先にもSEGさんへのコメントでも触れたように、「最難獲品」ゆえに数多くのレプリカが作られており、謄写版で作ったようなものから、オフセットで作ったものまでさまざまあり、展示の品は中央の「Happy」筆記体ロゴも、文字を構成する線が平行でかなり出来がよい。中には「p」の文字の先端が先に行くほど広がって「三味線の撥」状のものもある。

裏面の「専売公社」および証票もよく仕上げた内に入るが、「専」の文字の右上にわざと「ヽ」を打ってある。本物ではないという宣言のためであろうと思われたが、忠実に再現されたキャプション付きレプリカでも点が入っているので、これは当初よりそういう字体で発売されたとみるべきと思われる。

【画像1~3】昭和30~40年代頃に、私的に作られたと思しきレプリカ。
【画像4】 昭和40~50年代頃に作られたレプリカ。再現性が高く、発売時のデータなど詳細説明が入る。印刷品質が非常に良い。
【画像5】画像4と同時に作成された「福島博覧会」のレプリカ。周囲がトリミングされているが、印刷品質ならびに紙質からみて、レプリカである。

Default