オールド スプレンダー(20本入)

0

1970年に販売が開始された「蘭・チェリー」の2銘柄が、新しい喫味の可能性を広げたことによって、日本製のタバコも国際市場で通用する商品開発が急務となった。その流れの中で、海外の専売組織・メーカーと相互に商標権や技術の交換を行う「クロスライセンス」によって新しい製品の開発・販売が行われるようになった。

この「オールド スプレンダー」は、オーストリア専売局とのクロスライセンス銘柄である。当地では、「ベルベデーレ Belvedere」という実在の古城(宮殿)の名称がつけられて販売されていた。「オールドスプレンダー」と名称をかえ輸出用として製造されていたが、1973年にクロスライセンス契約が結ばれて当時の日本専売公社により製造・販売されることになる。

当地では、普段使いのタバコというよりも晩餐会や夜会などの「特別なシーン」に吸う銘柄として、格調の高いものという認識がなされていた。1978年にデザイン変更が行われ、色調やデザイン構成がBAT社(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)の「ダンヒルDunhill」に似たものとなった。なお、平たい小箱は「プリンセスパッケージ」とも称され、アルフレッド・ダンヒル考案といわれており、スーツのポケットに納めてもラインが崩れないための配慮から生まれたいわれている。

【画像1】1973年9月15日~ 150円で発売開始 
【画像2】1975年7月頃   ☆新価格品表示「np」マーク入り

・1975年12月18日 200円へ価格改正

【画像3】1978年3月頃   ☆デザイン変更
【画像4】☆デザイン変更とともに一時的にライセンス文言が省略される。
【画像5】☆ライセンス契約文言、復帰

・1980年4月22日~ 200円へ価格改正  

【画像6】1980年6月1日~ ☆専売公社証票変更

・1983年5月1日~  260円へ価格改正

・1983年5月製造中止

【画像7】輸入品時代の封緘紙。

※BAT社の「ダンヒルDunhill」は1969年より発売されている。

Default