スリーエー(20本入)

0

BAT社のStateExpress『555』や、薬品の『DAN』などにならい、「それそのものが商品名で、他に意味のないものを」というコンセプトで商品化されたのがこの「スリーエー」である。
フィルター付きロングサイズの「ハイライト」より1カ月早く発売されたが、後発の「ハイライト」人気の陰に隠れてしまい、しばらくは思うような販売実績が上げられなかったといわれている。そうした「ハイライト」人気による不足を補うべく、1964から65年にかけてフィルター銘柄が続々と発売される中、基調色を大きく変えずにクリーム色と金色を配して高級感を持たせた意匠に模様替えされた。

1960年5月1日~ 
・60円で発売開始【画像1】 

1965年8月~     
・デザイン・刷色・封緘紙変更【画像2】
・側面フラップ余白部52㎜ 

1968年5月1日~ 
・70円へ価格改正 
・新価格品表示として封緘紙を明るい赤色に変更【画像3】

使用開始時期不詳
・フラップ部のバージョン違い、側面フラップ余白部59㎜【画像4】

1972年1月31日廃止

[1963 大熊]
[1972 日本専売公社]

Default