J.K.ファーネルとは?

J.K.ファーネル社(J. K. Farnell)は、1906年ヘンリー(Henry Farnell)とアグネス(Agnes Farnell)の兄妹によって、イギリス・ロンドンに創業したぬいぐるみメーカー。イギリスベアの中でもクオリティーが非常に高く、世界で初めて「テディベア」と呼ばれるぬいぐるみを作ったと言われている。
1925年にアルファ(Alpha)の商標を用いた「アルファ ベア シリーズ」の発表をきっかけに、一流テディベアメーカーの地位を確立した。
くまのプーさんのイラストのモデルは他のベアと言われているが、作者A.A.ミルン(A. A. Milne)の息子クリストファー・ロビン(Christopher Robin)が、イギリス・ロンドンの有名百貨店ハロッズ(Harrods)で誕生日に買ってもらったテディベアは同社の製品。1996年には、大手テディベアメーカーのメリーソート(Merrythought)が買収し、版権を取得した。

RECOMMEND

【対談】北原照久、吉川照美の二人が語る、テディベアの魅力とは?_image

【対談】北原照久、吉川照美の二人が語る、テディベアの魅力とは?

「テディベアの魅力を北原さんと語りたい」
テディベア作家として有名な吉川照美さんが対談相手に指名したのは、ブリキや雑貨、おもちゃなどのコレクターとして有名な北原照久さん。19歳の時に初めてヨーロッパでテディベアと出会い、現在では、数多くのテディベアをコレクション。
北原さん、吉川さんのお二人に、テディベアの魅力から、コレクションする楽しさまで、幅広く語ってもらった。

<図鑑>テディベア作家が作る、個性的なテディベアたち_image

<図鑑>テディベア作家が作る、個性的なテディベアたち

1980年頃から世界中で登場した、個人でテディベアを作る「テディベア・アーティスト」。
テディベア・アーティストが作るテディベアは、それぞれのアーティストの個性が強く反映され、メーカーが作るものとは異なる魅力があります。
今回は、日本で活躍しているテディベア・アーティスト本人に、自身のブランド、代表作のテディベアに関してコメントを頂きました。ぜひ、お気に入りのアーティストを発見してみてください。

テディベアコンベンションから始まる、あなたとテディベアの物語。_image

テディベアコンベンションから始まる、あなたとテディベアの物語。

真夏の週末に開催された第25回日本テディベアコンベンション。なんと世界有数、アジアでは最大規模を誇る、テディベアが主役の大イベント。かわいくてメルヘンな雰囲気だけかと思ったら大間違い。実は大人達の熱い思いが込められていた。
今年のテーマは「テディベアにできること」。子どもから大人までを魅了して止まないテディべア。そんな彼らには一体何ができるのだろうか。

てれふぉんミュージアム 稲谷さんインタビュー_image

てれふぉんミュージアム 稲谷さんインタビュー

てれふぉん博物館は30年にわたって収集した電話機コレクションを保存するため大阪市住吉区内に作った私設博物館。
「展示室」「収蔵庫」「書庫」の3部屋あわせて、約100㎡ほどの小さな博物館であるが、戦前~昭和30年代の電話機を中心に数多く所蔵されている。
今回はてれふぉん博物館の稲谷さんに取材してきました。