IWC Pilot Watch Automatic36 IW324002

0

お爺ちゃんになっても使える現役の時計が欲しくて入手。現行の「マーク XVIII」のファミリーという位置づけだが、その特徴は何といっても幅36ミリという小ささ。

これは1948年に作られた「マーク11」サイズへの回帰でもあり、近年のIWCではダントツに小さい時計ということになる。

十分な耐磁性を軟鉄のインナーケースにより担保するなど、現代の様々な磁気に晒された環境においても信頼性の高さは折り紙付き。

美観面ではダイアルのスレート仕上げが特に美しい。完全なブラックだと「パイロット・ウォッチ」然としてハードになりすぎるところを、サンレイの美しいスレートグレーのダイアルにすることでラグジュアリー・ウォッチとしても存分に使える雰囲気に和らげている。因みにブルーのダイアルと最後の最後まで悩みに悩んだ。決めては「お爺ちゃんになったらどっちが似合う?」の一点。

35111ムーブメントはセリタの改良品だが、IWCのエボーシュへのモデファイ要求は尋常じゃないとの噂なので「セリタポン」と呼ぶには語弊があるだろう。実際惚れ惚れするようなリューズの感触、姿勢差もほとんど計測できなかったので、かなり追い込んである良いムーブメントだと思う。

ブレスモデルとストラップモデルでは9万円ちょいの価格差が生じるが、それだけ良いブレスということだろう。確かに着け心地は非常に滑らかだ。

腰が曲がって歩行に杖が必要になっても、腕には「IWCのパイロット」。なかなか渋いと思うのだが…どうだろう。

Default
  • File

    メトロポリス

    2022/07/16

    とても似合っています。

    私もiwc パイロットウォッチ!大好きなんですよ。

    返信する