Silverhead / Silverhead

0

Silverhead / Silverhead
UK 1972年 日本盤 Odeon‎–EOP-80775 Gatefold
#LP #アナログレコード
https://www.discogs.com/ja/Silverhead-Silverhead/release/4649940

英国のグラムロック・バンドでマイケル・デ・バレスを中心に1972年に結成されたシルバーヘッドのファースト・アルバム、1972年作

ハード・ロックからグラム・ロック、プロト・パンクのエッセンスまでが混ざり合った無二のサウンドを披露したサウンドはローリング・ストーンズの影響が非常に強い

2枚のスタジオ・アルバムをリリースしたのち解散、
解散後もメンバーは一線で活躍していてベーシストのナイジェル・ハリスンは、1978年にブロンディに加入し1982年まで在籍していましたしギタリストのロビー・ブラントは、レッド・ツェッペリン解散後、ソロとなったロバート・プラントのアルバム「11時の肖像」(1982)から「シェイクン・アンド・スタード」(1985)まで、4枚のアルバム参加しています。
https://muuseo.com/strange1972/items/325?theme_id=9769

評価 9.4

https://www.youtube.com/watch?v=8A89KwRwIt0
SILVERHEAD - Underneath The Light

Silverhead/16 And Savaged 凶暴の美学
Silverhead/16 And Savaged 凶暴の美学 UK 1973年リリース 日本盤Odeon‎–EOP-80928 Gatefold #LP #アナログレコード https://www.discogs.com/ja/Silverhead-16-And-Savaged/release/6669648 マイケル・デ・バレスを中心に72年に結成されたバンドのセカンド・アルバム、 当時はグラムロックに分類されていたけど音楽的にはローリング・ストーンズに影響を受けたロックンロール・バンドといえると思う。 サードアルバム制作中に解散、 マイケル・デ・バレスは解散後ディテクティヴを結成、 ギターのロビー・ブラントはロバート・プラントの初期のソロ・アルバムに参加、 ベースのナイジェル・ハリソンは後にブロンディに加入し活躍した。 ゲストにサックスでイアン・マグドナルド、 https://www.youtube.com/watch?v=jgBlkwP25aU 16 And Savaged
https://muuseo.com/strange1972/items/325

Default
  • File

    45rpm

    2019/2/22

    このレコードなかなか出会えません。
    いいな〜〜〜〜。

    返信する
    • File

      strange

      2019/2/22

      そうですよね
      中古でもそれほど見かけませんけどたまにあっても値が上がったりで入手出来ないかも..
      自分はかなり前に入手していました。

      返信する