File

オールドレンズの部屋

36

元々は、M42スクリュウーマウントの部屋としてスタートしたのですが、少しづつ新たなマウント規格のレンズが住み込んでくる様になった為、部屋の表札を変えさせていただきました。  
ただメインは今まで通り、交換レンズ式一眼レフカメラが普及しだした頃に登場したレンズマウント方式であるM42マウント規格品で、その互換性の高さから多くのカメラメーカーに採用され、日本では、旭光学(PENTAX)が採用に積極的で、世界的名機である、PENTAX SPOTMATIC SPの大ヒットにより数え切れない程の多くのレンズが発売されたことから、PENTAXオールドレンズが中心の展示室です。
デジタルカメラ全盛の時代になって、カメラの飛躍的な進歩のおかげで、M42マウントをはじめとするオールドレンズの魅力を活かした撮影が楽しめるようになり、古いレンズ達が再脚光される事となっています。
特にM42スクリュウーマウントレンズは、数多く販売されてきた事から、中古市場での商品量も多くまた比較的安価に流通していて、愛用するユーザーも多いように思います。
ただ古いレンズですので、カビや埃、よごれや、動作不良と言った問題のある個体も多く、分解整備と言ったメンテナンスが必要な場合が多いのが現状です。
私も、カビ取りなどの分解クリーニングや簡単な動作不良、レンズのバルサム切れと言った程度であれば自分でメンテナンスを行いレンズを再生して使えるようにしています。
大変ですがこれも楽しみの一つになっています。

もっと見る

Default