PENTAX Super-Takumar F3.5/35mm

0

PENTAX Super-Takumar F3.5/35mm

ペンタックスのオールドレンズの中では最も普及している、コストパフォーマンスの高い広角レンズですね。

「Super takumar 35mm /F3.5」は1960年代に発売されたレンズですが、同じの6~8称のレンズでも前期型と後期型と呼ばれるものが存在します。簡単に違いを見分けるポイントは、最小絞りの値を確認すればよいので簡単です。最小絞りがF22まであるのが前期型で、後期型は最小絞りがF16までになっています。
と言う事で、今回紹介するレンズは、後期型と言う事になります。

このレンズは、簡単に言ってしまうと、目立った特徴もなく至って平凡なレンズ。言い換えますと極端な癖のない大変使いやすいレンズかと思います。
また、ASP-Cセンサーカメラに着装すると丁度標準レンズ域をカバーする事になる事からもユーティリティの高いレンズではないでしょうか。
そしてこの「Super takumar 35mm /F3.5」の一番の魅力はなんといっても小さく軽い事です。
「Super takumar」の焦点距離35mmには、開放F値がF2のレンズが上位機種として存在しており、この「Super takumar 35mm /F3.5」は廉価版にあたるレンズと言う事になります。
Super takumar 35mm/ F2.0」は、オークション価格が大変高価で、35mm/F3.5の6~8倍くらいの価格で取引されています。
PENTAX SPと言ったオールドカメラに着装して使うのであればメリットは有りますが、最新のデジタル一眼に着装しての利用においては、価格差程のメリットはないように思います。

【Super -Takumar 35mm /F3.5の概要】
■焦点距離 : 35mm
■最短撮影距離 : 0.45m
■絞り開放 : F3.5
■レンズ構成 : 4群5枚
■絞り羽根枚数 : 5枚
■フィルター径 : 49mm
■マウント : M42マウント
■重量 : 152g

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=7YSDcPwOoco&t=27s
https://www.youtube.com/watch?v=kusju6aXRt4

Default