未来警察ウラシマン マグナビートル バンダイ

0

未来警察ウラシマン マグナビートル バンダイ
 1980年代の若者ウラシマ・リュウが警察に追われ、逃走中、自分のワーゲンと共に、2050年のネオトキオへとタイムスリップした。そして記憶を失って、マグナポリス機動メカ分署38に配属された。マグナビートルはウラシマ・リュウの愛車。というタツノコプロらしい話です。
 模型のマグナビートルの大きさは全長5cmぐらいの大きさでかなり小さいです。バックゼンマイで動きます。

Default
  • File

    ace

    2019/3/23

    すげぇ〜( ゚д゚)✨

    返信する
    • Animals 02

      tantan121212

      2019/3/23

      このマグナビートルはそんなにほれ込んだプラモデルではないのですが、いまや手に入りにくいらしいです。自分は駄菓子屋さんとかで購入しました。

      返信する
    • File

      Shining KazutaZ

      2019/3/24

      再販などありえないアイテムですねぇ。
      トキメク心〜が蘇ります(笑)

      返信する
    • Animals 02

      tantan121212

      2019/3/24

      再販はあり得ないですね。オープニングを再度見てみましたが、トキメク心は無くしちゃいけませんねウンウン(*´꒳`*)。
      未来警察ウラシマンが放送された1983年は日本が好景気に入る前でした。その頃から未来を考えると2050年はこんな感じと想像されたんですね。80年代は良い時代でした。

      返信する