レッドスピネル/苦土尖晶石

1

ミャンマーに所在する世界的な宝石産地『モゴック』で産出したレッドスピネルの八面体結晶です。

彼らスピネルの誇る真紅色も見事なもので、しばしばルビーと誤認され用いられることがありました。

イギリス王室が所有する大英帝国王冠。
その正面中央に座す"黒太子のルビー"の正体が、実はスピネルだったというエピソードが最たる例です。

しかし結晶の発達した原石であれば、ルビーとの結晶系の違いから八面体を成すため判別はそこまで難しくありません。

何らかの鉱物でしょうか。
抉れたような結晶面には黒い粒状物が埋め込まれています。
赤いボディの中でただひとつ、太陽の黒点のようでもあります。

数あるスピネルの中から彼を選んだのは、この包有物の存在感に惹かれたからでもありました。
人によっては単なる不純物でしかないかもしれませんが、自分にとっては魅力的な艶ボクロなのです。

Default
  • File

    realminiature

    2018/11/30

    こちらも美しいですね!

    返信する
    • ありがとうございます!
      しばらくルーペを覗き込んでいても苦にならないくらいです(笑)

      返信する
  • File

    kinggidoko

    2018/12/1

    う~ん、綺麗!息を飲んじゃいますわ・。

    返信する
    • File

      テッツァライト

      2018/12/1 - 編集済み

      ありがとうございます!
      宝石冥利に尽きるお言葉です😄

      返信する
  • File

    luhna-009

    2019/1/14

    この八面体の形状がいいですね!
    凄くスピネルらしい形で、私この形がとても好きです。

    返信する
    • ありがとうございます!
      決め手となったのは黒いインクルですが、初めに着目したのはやはりこの結晶の形でした😄
      スピネルたるもの「尖って」いなくちゃですね😆

      返信する
  • File

    A-chan

    2020/10/12

    連続失礼します。
    こちらも情熱的な情熱的な南国の色ですが、
    ルビーに似ているから間違われやすいのですね。
    本当によく見ると
    太陽黒点のような物が見えますね。
    雲母のような物でしょうか。
    南国生まれの太陽のような宝石ですね。

    返信する
    • そうなんです。
      ルビーと同じくクロムによって赤く色づいていることもあって誤認されることもあるのです。
      事実、王室の秘宝ですら間違っていたものですから😅

      そして黒点にお気づき頂けましたか。
      拡大して見ましたが雲母ではなさそうで、何らかの黒色鉱物だと思うのですがいまいち判別しませんでした。
      これもまたルビーに負けず劣らずホットな石ですよね。

      返信する