赤谷のコンペイトウ砒/自然ヒ素

0

福井県赤谷での採取品。
ミステリー小説を始めとする創作において殺人の手法として度々登場する有毒元素、ヒ素からなる元素鉱物です。

こちらは突起だらけのユニークな外観から『金平糖石』の名で親しまれている標本です。
ヒ素の針状結晶が集合して球体となったもので、内部ではその一本一本が放射状に伸びているとのこと。

このような形状は世界的にも類を見ず、自然砒という鉱物は通常、不定形な塊状で産出することがほとんどです。
そのためかコンペイトウ型は相当珍しいらしく、海外の鉱物専門書においても特筆すべき標本として紹介される程であります。

それ故に珍品好きとしては手中に収めておきたいと思う石でありますが、鉱物と言えどやはり毒は毒。
表面には『砒華』という三酸化二ヒ素の二次鉱物、すなわち猛毒が生じており、不用意に扱えば知らず知らずのうちに体内に取り込んでしまう恐れがあります。

ですからヒ素や水銀の鉱物と相対する際は慎重になるべきなのでしょう。

綺麗な花には棘がある。
綺麗な石にも棘がある。
そのことを忘れずに、地球に咲くこの美しい華々とお付き合いして行きたいものです。

Default
  • File

    チュル

    2019/4/21

    本当に金平糖みたいな形してますよね。
    大自然が造った形はずっと見ていても飽きないです😊
    鉱物にはいくつか扱いを間違えると怖いものもありますけど、そーゆう石に限ってまた妙な美しさや魅力がありますね。
    ウランとかストロンチウムとかも図鑑とかで見ると妙にキレイですし。
    あと、人類の文明は鉱物の存在なくしては語れないんだな〜って最近知りました。
    例えば車や電車、スマホ、パソコンとか生活必需品の殆どの材料は鉱石等から作られてますしね。
    半導体とか蛍石が凄く重要らしいですし。
    その鉱物等を形作る元の物質は宇宙からやって来てるのとかも最近知りました(鉄や銅や金やら全部そうらしいですね)
    鉱物の世界に興味持つと様々な分野に興味が及んでしまうんだなとか実感します。
    あと、金平糖石テッツァライトさんが採取されたとか凄いですね👍
    自分で採取した石となると特別な存在になりますよね。
    自分は糸魚川に翡翠採取に数回行ったのと、日本海沿岸に瑪瑙をとりに行った事しかないですけど(どれも小さい石でした。笑)小さい石でも妙に愛着わきます。

    返信する
    • ありがとうございます!
      やはり達成感のおかげか、自分の手で採集した石はどんなものでも愛おしく映りますよね😄
      それだけにこんな美品を探し当てた時は本当に驚きましたし、今では私にとって不朽の宝物となっています。
      これは本当に面白い形状ですよね。しかも赤谷特有とのことですし、一体この地に何の因果があってコンペイトウ型になるのか不思議でなりません。
      たしかに危険な物質ほど面妖な姿をしていて目や心を惹きつけますし、もはや自然界の通説なのかもしれませんね。

      そして仰るとおり、星間を漂っていたものが地球誕生の際に取り込まれたり或いは隕石によって齎されたりと、あらゆる元素が宇宙に由来しているんですよね!
      その元を辿ると鉄以下の元素は恒星の核融合によって生み出され、さらにその恒星が命尽きる過程で金を始めとする重元素が生成されるとか。
      重元素に関して近年では原始ブラックホール説や中性子星衝突なる説が推されているようですね🙄
      と、一介の石好きにはスケールの大きすぎる話ですが、鉱物を含む万物の根幹に関わる話となると興味が向いてしまうのも石好きの性なのかもしれませんね😉

      返信する
  • File

    さるら。

    2019/4/23

    自分の手で採掘したものは、何物にも代えがたいですよね。
    形も良いですし、とても素敵です。

    返信する
    • ありがとうございます!
      やはり、さるらさんにも解っていただけましたか😆
      お店で取り扱われるような上等品とはまた違ったプレミアム感が備わっているんですよね。
      むかし図鑑で目にして以降すっかりこの形の魅力に取りつかれていたもので、それを自らの手で拾い上げた時の気持ちは言い表すことができないほどでした😄

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/4/24

      まさしく、掛け替えのない思い出の結晶、ですね!

      返信する
    • はい!
      忘れられない最高の一石になりました😆

      返信する