バーマイト/3種の虫入り琥珀

1

太古の松柏類の樹液から揮発成分が抜け、硬化することで誕生する有機鉱物。
人類史においては長きに渡り装身具に用いられてきた、黄金色の甘美な宝石です。

その中でもミャンマー北部に位置するカチン州・フーコン渓谷という場所で産出する琥珀を『バーマイト』と呼びます。
この地で採れる琥珀は他と比較して年代が古く、他国産の多くが約2500万年~6000万年であるのに対し1億年にまで遡る個体も存在します。

多くの琥珀がそうであるように、このバーマイトの中にも太古の生物たちの姿を見ることができました。

画像1枚目は「羽虫」。
アリやハチようなの姿をしており背中には一対の翅が生えています。
翅の状態も然ることながら触角も綺麗に残っており、節の構造ひとつひとつまで鮮明に確認することができます。

画像2枚目は「多足類」。
足の数が5~6対しかなく体長も小さいことから、ゲジゲジの幼体であると思われます。
ところどころ足が切離していますが寒気立つようなシルエットは健在で、顔部には偽複眼も確認することができます。

画像3枚目は「甲虫類」あるいは「網翅類」。
背面には外骨格か翅を纏っていますが、全体が半透明であることから翅であると思います。
不鮮明ですが頭部からは長い触角らしきものが生えている・・・と思っていましたがよ~く目を凝らすと繊維のようなものが重なっていたためそのように見えていただけでした。
頭部には複眼、腹部には節があり、尾部はやや尖った形状であることが確認できます。

画像4枚目はクモヒトデのような謎の物体。
詳細は不明ですが似たようなものがナショナルジオグラフィックに掲載されていました。
どうやら植物の一種であるようです。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/2514/

初めは1種類しか入っていないものと思っていましたが、注意深く観察した結果このように複数種の生物たちが閉じ込められていることが分かりました。

彼らは皆、甘い蜜を吸いに集まったところ逆に樹液に飲まれてしまったのでしょうか。
休息のつもりが永遠の眠りとなってしまった彼らですが、全身を甘くとろけるような飴色に包まれさぞや本望であったと願わずにはいられません。
#琥珀

Default
  • File

    チュル

    2019/06/02 - 編集済み

    この飴色が素晴らしいですね✨
    あと、中に閉じ込められた虫の写真が見事だなと思いました。黄色い色調の中に浮かぶ虫がまさにアートだなと思います。
    自分もこんな感じの写真が撮りたくて挑戦してみたんですけど、なかなか撮れませんでしたし(笑)
    テッツァライトさんの写真の技術は本当凄いと思います👍

    琥珀はバルト海地域やドミニカ共和国とか有名ですけど、実はミャンマーの琥珀って凄いらしいですね(バーマイトって呼び名なんですか)
    こないだアメリカのニュースとかでもミャンマー産が凄い貴重とか何か言ってました。
    市場に出回ってるのが映ってましたけど、巨大な虫や生物のがあってビックリしました。
    アンモナイト琥珀もニュースになりましたしね。

    返信する
    • ありがとうございます!
      頑張って写真に収めた甲斐がありました😆
      琥珀って虫のポージングや気泡の残り方のひとつひとつが独創的ですよね。
      仰るとおり芸術作品のようで見ていて飽きません。

      アンモナイト入り琥珀、自分もナショナルジオグラフィックで観ました!
      海の生物が取り込まれるなんて本当に驚きでしたね😮

      返信する
  • File

    ace

    2019/06/02

    長い時間を旅した虫たち…🤔マイケル・クライトンもこの美しいタイムマシンに魅せられたんだろうなぁ✨

    返信する
    • ありがとうございます!
      琥珀は世界でもっとも美しいタイムマシンですよね。
      作中の恐竜たちがそうであったように、ジュラシックパークという作品そのものも琥珀から生まれたのかもしれませんね😆

      返信する
  • Lion

    toy ambulance

    2019/06/02

    3枚目の画像の虫は、色々なものに見えますね。画像の形だと大きな蚤にも見えますし、まっすぐ伸ばすとハサミムシやガロアムシにも見えるような気もしてしまいます。

    File
    返信する
    • 資料のご提供ありがとうございます!
      かなり判別がつき難いですよね😅
      改めて撮影し直した写真を載せてみました。

      体長は約1.5ミリほどと小さいです。
      背中には翅が生えているようで、翅全体的に透明感が見られました。

      返信する
    • Lion

      toy ambulance

      2019/06/02

      羽があるので、違うと思いますが1.5mmだと蚤っぽい感じにも思います。蚤って、ああ見えて完全変態の昆虫なので、羽が退化する前ってどんな感じだったんでしょうか?

      File
      返信する
    • 確かに大きさで考えるとノミサイズなんですよね。
      ノミの退化前の姿ですか・・・どんな姿だったのでしょうね~🤔
      とりあえずバッタのように飛んだり跳ねたりする姿を想像してしまいました(笑)

      返信する
  • File

    tanupon

    2019/06/02

    綺麗ですね。
    ジェラシックパークを思い出します。
    夢が広がります。

    返信する
    • ありがとうございます!
      私もこの琥珀を観察するたびにジュラシックパークを想像してしまいます🦖
      これぞ太古のロマンですよね😄
      甘いカラメル色の中、キラキラ光る気泡がまた美しいです。

      返信する
  • File

    さるら。

    2019/06/03

    素晴らしい標本。
    太古からの時間、それに思いを馳せる浪漫、ジュラシックパークのような夢……
    様々なものが封じられた結晶ですね!

    返信する
    • ありがとうございます!
      はい、1センチ程度の石ころなのに情報量が膨大で、もうルーペを覗き込むたびに感動の連続です😆
      本当に時間やロマンといった大きさでは測れないようなものが詰めこまれているかのようです😄

      返信する
  • File

    shm

    2019/06/03 - 編集済み

    拝見させていただきました😳カチンの本琥珀は古いですよね。そのせいか分かりませんが色合いが深いものが多い印象です。上質のバルチックアンバーのような飴色の本琥珀も綺麗ですがバーマイトは味があって良いですよね^_^中々生物の入っている良いものとは出会えていないので羨ましいです😄

    返信する
    • ありがとうございます!
      この虫入りは嬉しい誤算でした😄

      赤褐色系も産出するとのことですが、そのような個体は如何にも年代物といった風合いを醸し出していますよね!
      フルボディ的な色深みにまた違った良さがあるんですよね。
      インクルージョンだけでなく琥珀そのものにも個体差があって意外と奥が深いです😉

      返信する
  • File

    realminiature

    2019/12/26

    めちゃめちゃ見入ってしまいました!

    返信する
    • realminiatureさんにそう仰って頂けて光栄でございます!
      私もつい新たな発見を求めてルーペに没頭してしまうほどなんです😄
      包有された虫たちそれぞれに見所があり、我が石ながらポテンシャルの高さに驚いてしまいます。

      返信する
  • File

    リリアソー

    2020/09/25

    琥珀…✨✨
    とても神秘的ですね😌💞

    琥珀の色に関しては、いつも黄色のイメージしか抱いていなかったのですが、写真5枚目ではまるで青い地球のように見えました✨🌏️✨

    地球の記憶を伝える琥珀が、地球のようにも見えるって、何だかロマンチックです😉🎵

    返信する
    • >地球の記憶を伝える琥珀が、地球のようにも見える
      なんと素敵な視点😌

      5枚目の画像はブラックライトを当ててみたもので、実は琥珀も紫外線に反応して青白く蛍光するのです。
      平常時が黄色系なので、この蒼々とした輝きは鮮烈で印象に残りますよね🌏

      返信する
  • File

    A-chan

    2021/01/15

    こんばんは。
    虫入りの琥珀ですか。
    太古の昔の虫達がタイムカプセルのように
    生きていた時と変わらない姿で保存されているなんて
    化石のように貴重な物ですね。
    琥珀に取り込まれてしまった虫達にとっては苦しかっただけで、
    数千万年後の生物(人間)が自分達の亡骸を見て珍しがっているなんて
    思いも寄らないでしょうね。

    返信する
    • どうもおばんです。
      はい、3匹の虫がほぼ完璧な状態で保存されています!
      朽ちたり腐敗したりすることなくそのまま残されているので、考えてみれば太古の様相を知る重要な資料なんですよね。

      たしかに自分たちの遺骸が、未来の世で宝石として扱われているとは想像もできなかったでしょうね😌

      返信する