Elrathiaの仲間

0

Elrathia kingii
Wheeler Formation
Millard County, Utah, USA
Middle Cambrian
多産種ですので、安く入手できます。世界に最も流通している三葉虫だと言われています。カンブリア紀へのタイム・スリップを最もお安く擬似体験出来る種類の一つと言えるのではないでしょうか。
写真1: 全長45mm
写真2: 全長37mm
写真3: 全長29mm
写真4: 全長15mm (Peronopsis付き)
写真5: 1〜4を並べた物
小さい個体は安いですが、大きくなると当然高くなります。45mmは結構大きな部類です。

写真6, 7
Elrathia marjumi
Marjum Formation
Millard County, Utah, USA
Middle Cambrian
全長29.5mm
Wheeler Formationで多産するElrathiaは、一段新しいMarjum Formationになると、ほとんど出なくなります。よってこれはそれなりに高価です。尾板に小さい棘がつくのが特徴です。

写真8
Elrathia alapyge
Marjum Formation
Millard County, Utah, USA
Middle Cambrian
全長7.6mm
これもMarjum Formationから出る、珍しい種類です。目の間隔が明らかに広いので、Elrathia kingiiから直接につながる系統ではない様に思います。Elrathiaとして、まとめてみました。

Default
  • File

    tatsutoy

    2022/3/13 - 編集済み

    趣向を凝らした良い展示ですね。なかなかElrathiaの種別間の違いは判りづらく、興味が向かないですが、簡潔に3種を並列に展示しているので、Elrathiaも色々あるのだな、と腹落ちします。

    返信する
    • File

      Sanchan

      2022/3/13

      ありがとうございます。一個体ずつの展示にすると、比較がしにくい様に思いましたので、このようにしてみました^^)

      返信する