Hatangia scita

0

Hatangia scita
Mayan stage, Anabar Plateau,
Siberia,Russia
Middle Cambrian
全長 17mm

ヘリコプターでないとアクセスできない様な場所での地質調査の際などに、採取されるのだそうです。でので、地味に見えますが、それなりのお値段がいたします・・・。

Default
  • File

    tatsutoy

    2022/3/20 - 編集済み

    私のMUUSEOでは飛びぬけてPVが少ないのがシベリア産の化石達です。地味過ぎるのでしょうか?もちろん逆にPhytophilaspis、フィトフィラスピスの様に一度見たら忘れられない様な、フニャフニャの巨大三葉虫もどきもいるので一概にシベリアが地味とは言えないのですが…。ひょっとしてSanchan館長、お持ちでしょうか?

    返信する
    • File

      Sanchan

      2022/3/20

      Phytophilaspisですね・・・ 三葉虫とは言えない様ですし、何分、強烈に高価ですので・・・。考えた事はありますが、所有に至っておりません。シベリア産は、見た目やサイズの割に高価な印象があるので、どこまで投資するか、悩ましい産地ですね。

      返信する