Sinespinaspis markhami

0

Sinespinaspis markhami
Cotton Beds, Cotton Hill Quarry,
Forbes, New South Wales, Australia
Lower Silurian
棘を含んだ全長: 12mm

Odontopleuraとも呼ばれます。産地は厳しく管理されていますので、なかなか流通しません。この標本は、脱落しがちな自在頬がずれも無く両側とも保たれた物で、完璧と言っても良いでしょう。なかなか入手困難と思います。写真1がポジ、写真2はネガです。ネガがある事で、体節から背側にどの様に棘が伸びていたのか、良くわかります。この産地特有の縞模様が美しいです。

Default
  • File

    Trilobites

    2022/3/2 - 編集済み

    自在頬が残っているだけでも御の字の本種ですが、これほど見事に細かい棘が残っている個体は貴重ですね。小さい種類ですが、この様な状態の良い標本を見ると、デボン紀のLeonaspisなどの先祖なんだと実感できますね。

    返信する
    • File

      Sanchan

      2022/3/3

      ありがとうございます。この標本は、入手時は両側の自在頬は埋まっていました。「かくあれかし!」と念じなから掘ってみたら、願い通りの結果になったという訳で、本当に幸いな事でした。

      返信する
    • File

      Trilobites

      2022/3/14

      販売元に残っている画像を見たのですが、あの何も棘が見えていない状態から直感されたんですね。母岩の削りも自然ですし、良い仕事をされてますね。

      返信する
    • File

      Sanchan

      2022/3/14

      あ、お分かりになりましたか!お褒めの言葉をありがとうございます。両側の頬棘が良い位置に覗いていたので、これはいけるのではないかと。絶対の確信まではありませんでしたが、えいやっ!で購入した物でした。

      返信する