Ditomopyge scitula

0

長い石炭紀も後期になると、このDitomopygeのような特徴の乏しい種類しか生き残っていません。テキサス州から産出するこの種類は、多くが防御姿勢をとっている個体が多く、埋まる際に咄嗟にダンゴムシのように丸まったのでしょうが、生き残れなく化石となったのかもしれません。この地の三葉虫はノジュール中から見つかる様で、細部の保存が比較的良好に残される傾向があります。

Default