Pagetia cf.taijiangensis

0

アグノスタスよりも三葉虫に近いPagetiaは、Burgess Shaleで産出するPagetia bootes(WALCOTT1916b)が有名で、名前だけは聞いたことがあるコレクターも多いと思います。分類的に中間型の立場で、近年は甲殻類の一種とされるAgnostida(目)ですが、この種類があるので、三葉虫側との境界が難しくなっていて、最新の説でもEodiscoidea(超科)が三葉虫として分離されているケースも見られます。バージェス以外で入手できる仲間としては、モロッコのCephalopygeなどがありますが、どの地域においても数が少なく、集めるのが難しいグループであります。

Default
  • File

    Trilobites

    2020/6/13

    ORM 2020年01月15日 21:23
    pagetia bootesは市場で1度見かけた事があったと思います。地味な種ながら、バージェスだからという事もあるでしょうが、なかなか高価でした。アグノスタスには三葉虫をあまり感じませんが、pagetiaとなると、随分三葉虫を思わせる見た目になりますね。

    2020年01月15日 22:28
    > ORMさん 
    Pagetiaという種類も復元図見ると結構派手な種類だと思います。頭部の縁飾りや胸部から後ろに長い棘があったりします。シベリアSinskのDelgadella lenaicusも実は入手できているので、あとはバージェスのP.bootesも手に入れたいのですが、機会がありませんね。

    返信する