File

MINIATURE CAR (MASERATI)

4

アルフィエーリ、エットーレ、エルネストのマセラティ3兄弟が、1914年にボローニャで自動車工房ソシエータ・アノニーマ・オフィチーネ・アルフィエーリ・マセラティを開業。
初期は市販車のレーシングチューンを主業とし、第一次世界大戦中は雲母を絶縁体とするスパークプラグを開発し、軍需産業向けに業績を伸ばしました。
終戦後は、レーシングカーを製造販売するコンストラクターとして名を広め、ライバルであるアルファロメオと国内外のレースで競い合いました。
エンブレムは創業の地、ボローニャのシンボルの1つであるマッジョーレ広場のネプチューンの噴水に因み、ネプチューンの持つ三叉の銛、トライデントがモチーフで、赤と青は、ボローニャの市旗に使われている色です。
車名に風にまつわる言葉 (ミストラル、ギブリ、ボーラ、カムシン、カリフ、シャマル、レヴァンテ)が使われているのが特徴です。
現在は、フィアット・クライスラー・オートモービルズ (FCA) 傘下のメーカーとなっています。
本社所在地:イタリア モデナ
設立:1914年

Default