若きウェルテルの悩み/ゲーテ

0

新潮文庫

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残しました。

『若きウェルテルの悩み』(Die Leiden des jungen Werthers)は、1774年に刊行された書簡体小説。青年ウェルテルが婚約者のいる身である女性シャルロッテに恋をし、叶わぬ思いに絶望するする姿を描いています。出版当時ヨーロッパ中でベストセラーとなり、現在も世界中で広く読まれています。

Default
  • Animals 16

    Jason1208

    2019/6/13

    なんか自殺者が続出して、『ウェルテル症候群』みたいな名称がつけられたそうですね。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/6/13

      そのようですね!それだけ大きな影響力があったのでしょうが、よい影響ならいいですが、これは、よろしくないですよね!😨
      コメントありがとうございます😊

      返信する