人生論/トルストイ

0

新潮文庫

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(Лев Николаевич Толстой、1828年9月9日 - 1910年11月20日)は、帝政ロシアの小説家、思想家で、ドストエフスキー、ツルゲーネフと並び、19世紀ロシア文学を代表する文豪。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与え、非暴力主義者としても知られています。

『人生論』(О жизни)は、1889年に出版された人生についての内面的、哲学的な考察です。

Default
  • Animals 16

    Jason1208

    2019/6/16

    トルストイは、日本では徳富蘇峰の弟さん徳富蘆花との文通などが有名な方でした。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/6/16

      トルストイの伝記を執筆したようですね。徳富蘆花の作品のいくつかは、昔、父が揃えた日本文学全集に収録されていますが、残念ながら読んでません😅
      コメントありがとうございます😊

      返信する