車輪の下/ヘッセ

0

新潮文庫

ヘルマン・カール・ヘッセ(Hermann Karl Hesse, 1877年7月2日 - 1962年8月9日)は、ドイツ生まれのスイスの作家で、20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者。1946年、ノーベル文学賞を受賞。

『車輪の下』(UNTERM RAD)は、1905年に発表された長編小説。周囲の人々からの期待を一身に背負い、その軋轢の中で心を踏み潰されていく少年の姿を描く自伝的小説。「車輪」は、主人公の少年ハンスの多感で繊細な心を無残にも踏み潰す社会や村落の仕組みを表現しているとされています。

Default
  • File

    ace

    2018/4/27

    思春期に読む本ですが、その頃に読むと拗れてしまう作品😅

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/4/27

      ナイス!👍

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/7/4

      小学生のみぎりに読んでヒネました(笑

      返信する
    • File

      ts-r32

      2019/7/4

      😆👍

      返信する