日はまた昇る/ヘミングウェイ

0

新潮文庫

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway、1899年7月21日 - 1961年7月2日)は、アメリカ合衆国出身の小説家・詩人。行動派の作家で、1930年代にはスペイン内戦にも積極的に関わり、その経験を元に『誰がために鐘は鳴る』『武器よさらば』などを執筆しました。短編には簡潔な文体の作品が多く、ハードボイルド小説の原点とされています。1954年、『老人と海』が大きく評価され、ノーベル文学賞を受賞しました。

『日はまた昇る』(The Sun Also Rises)は、1926年に発表された長編小説。ヘミングウェイにとって初の長編であり、出世作です。アメリカではセンセーションを巻き起こし、「タイムリーなテーマ、簡潔な文体、生き生きとした会話、個性的な登場人物、エキゾチックな舞台背景」などが若い世代を熱中させました。

Default
  • File

    ace

    2018/4/27

    そうそう、この表紙😆

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/4/27

      新潮文庫の外国作品のカバーは、作家の肖像写真というパターンが多いですね。ヘミングウェイは、所謂文学者らしからぬ風貌がよいです😊

      返信する
    • File

      ace

      2018/4/27

      たしかに😆

      返信する