ジュリア

0

Julia
監督:フレッド・ジンネマン
出演者:ジェーン・フォンダ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ
原作:リリアン・ヘルマン
公開:1977年10月2日
製作国:アメリカ合衆国

リリアン・ヘルマンの「Pentimento: A Book of Portraits」(1973年)が原作。リリアンとジュリアの友情と作家のダシール・ハメットとの愛が描かれています。
第50回アカデミー賞では作品賞候補を含めて11のノミネーションを受け、3部門で受賞しました。

https://youtu.be/U_u7Hvj14s0

Default
  • File

    woodstein

    2019/3/23

     最初観たのがまだ10代の時だったので、時代背景やサスペンス仕立ての作品であることはそれなりに理解できても、女性同士の友情の機微というものが、どうしてもわかりませんでした。で、翻って、今の年齢になったら少しは理解できるのか、少なくとも私の頭では無理です。そんなヨタ話のついでに言わせてもらいますと、この映画のサントラ盤、欲しいんだよな~。ジョルジュ・ドルリューの音楽がいいんだよな~。失礼しました。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/3/23

      私も10代の時に観たので、理解できていなかったと思います。
      ヴァネッサ・レッドグレイヴの演技がよかったという印象が残っています。
      もう一度観てみたいとずっと思っている映画の1本ですが、未だに...😅
      コメントありがとうございます😊

      返信する
  • Lion

    toy ambulance

    2019/3/24

    この映画で、ジェイソン・ロバーツが演じたダシール・ハメットがかっこよかったですね。私の中では「七人の侍」の宮口精二と双璧です。

    返信する
    • File

      woodstein

      2019/3/24

       「大統領の陰謀」でのブラッドリー編集主幹の役もカッコ良かったですよ。

      返信する
    • File

      ts-r32

      2019/3/24

      ジェイソン・ロバーツと宮口精二は、どことなく雰囲気が似てるかもです😄
      コメントありがとうございます😊

      返信する
    • Lion

      toy ambulance

      2019/3/24

      残念ながら、「大統領の陰謀」は見損ねています。午前10時の映画祭あたりで上映されれば見に行くんですが、今年のラインナップにも入っていませんね。こうなったら、最終的にはブルーレイで見るしか無いかも知れません。

      返信する