異邦人/カミュ

0

新潮文庫

アルベール・カミュ(Albert Camus、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され、戦後はレジスタンスにおける戦闘的なジャーナリストとして活躍しました。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなり、エッセイ『反抗的人間』において左翼全体主義を批判し、反響を呼びました。小説『転落』発表の翌年、1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞しました。

『異邦人』(L'Étranger)は、1942年刊の小説。人間社会に存在する不条理について書かれ、カミュの代表作の一つとして数えられます。1957年、43歳の若さでノーベル文学賞を受賞したのは、この作品によるところが大きいと言われています。

Default
  • File

    ace

    2018/4/28

    「今日、ママンが死んだ」

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/4/28

      不条理!😀

      返信する