中原中也詩集/中原中也

0

角川文庫

中原 中也(1907年4月29日 - 1937年10月22日)は、詩人、歌人、翻訳家。30歳の若さで死去したが、生涯で350篇以上の詩を残しました。その一部は、処女詩集『山羊の歌』や死の翌年出版された第二詩集『在りし日の歌』に収録されています。小林秀雄、河上徹太郎らから高く評価され、室生犀星、草野心平、萩原朔太郎らも独特な歌の世界を貴重なものとして見ていました。訳詩では『ランボオ詩集』やアンドレ・ジイドの作品などフランス人作家の翻訳もしています。

Default
  • File

    ace

    2019/9/4

    思えば遠く来たもんだ
    十二の冬のあの夕べ
    港の空に鳴り響いた
    汽笛の湯気は今いずこ…😌

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/9/4

      雲の間に月はいて それな汽笛を耳にすると
      竦然として身をすくめ 月はその時空にいた

      それから何年経ったことか 汽笛の湯気を茫然と
      眼で追いかなしくなっていた あの頃の俺はいまいずこ

      今では女房子供持ち 思えば遠く来たもんだ
      此の先まだまだ何時までか 生きてゆくのであろうけど


      と続きますね。
      で、

      ♪踏切りの側に咲く コスモスの花ゆらして
      貨物列車が走り過ぎる そして夕陽に消えてゆく
      十四の頃の僕はいつも 冷たいレールに耳をあて
      レールの響き聞きながら 遥かな旅路を夢見てた

      思えば遠くへ来たもんだ 故郷離れて六年目
      思えば遠くへ来たもんだ この先どこまでゆくのやら

      思えば遠くへ来たもんだ 今では女房子供持ち♪

      が海援隊(@_@)

      コメントありがとうございます(^^)

      返信する