二代目はクリスチャン/つかこうへい

0

角川文庫

つか こうへい(1948年4月24日 - 2010年7月10日)は、劇作家、演出家、小説家。慶應義塾大学文学部哲学科中退。慶応では学生劇団「仮面舞台」に参加。のちに、早稲田大学の劇団「暫」に関わり、そこで当時早稲田の学生だった三浦洋一や平田満などと出会います。大学在学中からアングラ演劇第二世代の劇作家、演出家として活動を始め、"つかこうへい以前(第一世代)"、"つかこうへい以後(第三世代)"と呼ばれるほどの一時代を築き、1970年代から1980年代にかけて一大 "つかブーム"を巻き起こしました。

Default
  • File

    woodstein

    2019/9/24

     井筒和幸監督で映画化されましたが、志穂美悦子の使い方がイマイチでしたね。まあ、いろいろ意見はあると思いますが、彼女は稀有なアクション女優なのですから、その特性ももっと生かした演出をして欲しかった。もっとも、このことはこの出演作に限ったことではありませんが…。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/9/25

      映画は観ていませんが、志穂美悦子さんは好きでした。
      JACが輩出した初の女優さんでしたから、アクション、期待しますよね。
      コメントありがとうございます😊

      返信する