エドヴァルド・ムンク

0

Edvard Munch
J.P.ホーディン著
PARCO出版局
1986年5月20日発行

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch, 1863年12月12日 - 1944年1月23日)は、19世紀-20世紀のノルウェー出身の画家。「叫び」の作者として世界的に有名。
ムンクが代表作の多くを制作した1890年代は、フランスではアール・ヌーヴォー、ドイツ、オーストリアではユーゲント・シュティールと呼ばれる芸術運動が起こり、世紀末芸術と総称され、人間の心の神秘の追求に向かった時代です。ムンク自身、芸術について、次のように述べています。
芸術は自然の対立物である。芸術作品は、人間の内部からのみ生まれるものであって、それは取りも直さず、人間の神経、心臓、頭脳、眼を通して現れてきた形象にほかならない。芸術とは、結晶への人間の衝動なのである。

Default
  • File

    ace

    2018/12/31

    すべて芸術は表面的であり、しかも象徴的である。
    表面より下に至らんとするものは、危険を覚悟すべきである。
    象徴を読みとろうとするものは、危険を覚悟すべきである。
    芸術が映しだすものは、人生を観る人間であって、人生そのものではない。

    本質的に同じようなことを示しているように思いました😆

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/12/31

      或る芸術作品に関する意見がまちまちであることは、とりもなおさず、その作品が斬新かつ複雑で、生命力に溢れていることを意味している。

      オスカー・ワイルドですね!✨おっしゃるとおりかもしれませんね😊

      返信する
    • File

      ace

      2018/12/31

      失礼しました!引用先を入力したつもりだったんですが😅
      ドリアン・グレイの肖像の序文からです😊ありがとう&ごめんなさい&来年もよろしくお願いいたします✨

      返信する
    • File

      ts-r32

      2018/12/31

      いえいえ、ググってすぐにわかりましたので大丈夫ですよ👌こちらこそ、来年もよろしくお願いします😊

      返信する