郵便創業100年記念「鉄道郵便」

0

1971年4月20日発行

郵便創業
明治4年(1871)1月、郵便創業の布告が発せられ、3月1日から東京・大阪間に官営事業として実施される郵便制度が始まりました。東京・大阪間を78時間で結ぶ飛脚を毎日出発させ、東海道筋の途中の駅々でもこの便を利用できる制度でした。

鉄道郵便
現在の日本の郵便輸送は、トラックや航空機を主に使用してますが、かつて郵便輸送の主役は鉄道でした。
郵便物を入れた「郵袋」と呼ばれる袋を積んだ郵便車が、旅客列車や荷物列車に連結され、日本全国を走り回っていました。
郵便車には郵政職員が乗り込み、揺れる車内で郵便物を区分し、そして停車駅ごとに郵便局と郵袋のやり取りを行いました。
彼らが所属していた「鉄道郵便局」は、集配こそ行いませんが、全国に広がる郵便業務の中枢を担っていました。

Default
  • File

    ace

    2018/5/26

    社会科の教科書の挿絵っぽい😆

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/5/26

      どこか懐かしさを感じさせる絵だなあと思ってましたが、なるほど教科書ですねえ!😊

      返信する