太陽がいっぱい

0

Plein soleil
監督:ルネ・クレマン
出演者:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ
音楽:ニーノ・ロータ
公開:1960年3月10日
製作国:フランス、イタリア

パトリシア・ハイスミスの小説 The Talented Mr. Ripley を原作とした、ピカレスク・サスペンス。ルネ・クレマン監督の代表作。ニーノ・ロータの主題曲が切なくも美しいです!

https://youtu.be/OaCaxiQcMDU

Default
  • File

    bigmac

    2018/6/5

    イケメンでしたね!

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/6/5

      映画見終わると、主人公になりきっちゃって、映画館から出てくるヤツいるじゃないですか。私は、子供の頃でしたが、アラン・ドロンの映画見るとなりきっちゃって、家に帰って、鏡を見て現実に引き戻されてました😆

      返信する
  • File

    tomica-loco

    2018/6/6

    カペラとってもプリティ
    マツダ カペラアランドロバージョンでした。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/6/6

      おー、懐かしい!カペラのCMに出てましたね!そういえば同じ頃、スカイラインは、ポール・ニューマンでしたね😊

      返信する
  • File

    収集じいさん

    2021/10/6 - 編集済み

    アラン・ドロンがサインを真似る練習の場面が印象的でした。勿論、ラストの碇のシーンも衝撃的でした。彼のCMと言ったらやっぱり「ダーバン」です。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2021/10/6

      3点とも全く同感です!😆
      コメントありがとうございます♪

      返信する