MAZDA R360 COUPE

1

KYOSHO

マツダ・R360クーペ
マツダ(当時は東洋工業)が1960年に発売した軽自動車。この車で、マツダは4輪乗用車市場に参入しました。戦後の日本車として、初めてクーペを名乗った車です。
軽量化のため、アルミニウム合金、マグネシウム合金、プラスチックなどの軽量な素材を多く使っています。

父の最初のマイカーがブルーのこの車でした。おそらく私が生まれて初めて乗った車です。
全長2980mm、全幅1290mm、全高1290mm、車両重量380kgの超小型軽量ボディのリアに空冷V型2気筒OHVエンジンを搭載したRRクーペ。これで4人乗りというのは今考えると驚異的!

このミニカーは1963年の鈴鹿サーキットでの第1回日本グランプリに参戦した車両がモデル。マツダのモータースポーツへの参加の先駆けとなりました。
リサイクルショップのジャンク籠の中に、この1/64スケール組立キットを発見!(嬉)

Default